カードリッジやディスクのみのゲームソフトでも売れる買取店がある

いつの間にかゲームソフトの説明書やケースがなくなって、カードリッジやディスクのみの状態になっている場合もあるでしょう。その状態のゲームソフトを売るには、知っておかなければいけないことが数多くあります。買取金額がゼロ円になってしまう可能性もあるため、正しい売り方をきちんと知った上で査定してもらいましょう。

売却できるお店を探そう

購入したときの付属品が全部揃っているゲームソフトなら、どこの買取店でも問題なく売却が行えます(オンラインゲームなど一部のソフトを除く)。しかし、説明書とケースがなくて、カードリッジやディスクのみの状態だと、売却できるお店が限られてしまいます。

適当にお店を選んで、査定をお願いすると、ゼロ円としか評価してくれない場合もあるので気をつけなければいけません。もしも、確実に売りたいと考えるなら、買取店の公式ウェブサイトで情報を集めましょう。ゲームソフトを売却できるお店ならば、ほぼ間違いなく公式ウェブサイトを運営していて、買取情報も載せてくれています。

利用ガイドやよくある質問などのコンテンツに、説明書やケースがなくても売却できるかどうか記載がある場合が多いので、しっかり読んでみましょう。もしも、公式ウェブサイトに載っていないのなら売却できない可能性が高いですが、どうしてもその買取店を使いたいならば、直接尋ねることもできます。

問い合わせるための電話番号とメールアドレスが記載されているので、カードリッジとディスクしかなくても、査定してもらえるか聞いてみましょう。

カードリッジのみなら大丈夫でもディスクのみは無理な場合もある

説明書とケースがなくても、売却できることが分かり、早速査定をしてもらおうと考えているかもしれません。しかし、ゲーム機に差し込んで使うカードリッジタイプのゲームソフトのみ、買取対象の場合があるため注意が必要です。

これは、ディスクのみの状態では、取り扱いが難しいので敬遠されているからです。もしも、ディスクタイプのゲームソフトを売ろうと考えているのなら、ディスクのみでもOKなことをきちんと確認してから査定を利用しましょう。

減額は覚悟しなければいけない

ゲームソフトは説明書やケースなど、すべての付属品が揃った状態でださなければ、間違いなく減額されてしまいます。

したがって、カードリッジやディスクのみの場合は、かなり減額されることを覚悟しましょう。また、ケースがあったとしても、説明書がなければ、両方がないときと同じ査定額になる場合もあります。

どのくらい減額されるのかはお店によって異なるため、気になるのなら電話などで質問しておくと安心です。お店によって減額率が異なるため、少しでもお得なお店を探してみましょう。

ディスクにキズが付かないようにすること

ディスクの読み取り面にキズが付いていると減額されてしまいます。もしも、ディスクのみの状態で査定をしてもらいたいのなら、キズに注意をして持ち運ぶようにしましょう。特別なものは必要なく、CDケースやDVDケースがあれば、簡単に本来のケースの代用ができます。

ちなみに、ブルーレイディスクのゲームソフトの場合は、不織布ケースに入れないようにしましょう。ブルーレイディスクは記録面のコーティングが薄いため、凹凸がある不織布ケースでは跡が付いてしまう可能性があるからです。

大きな跡になってしまうと、減額どころか、買取不可能な場合もあるので不織布ケースは使わないほうが無難です。

キャンペーンは対象外になることも

ゲームソフトの買取店は、まとまった本数を売却すると、ボーナスがもらえるキャンペーンを行っていることがあります。たくさんのゲームソフトを所有している方にはとてもお得なキャンペーンですが、カードリッジやディスクのみの場合は対象外になり、本数にカウントされないことがあるので注意しましょう。

説明書なし、ケースなしが対象かどうかは、キャンペーンの参加条件に記載されているので、事前に確かめられます。『あと一本売ればキャンペーンの対象になれた』という状況になってはもったいないので、参加条件をしっかりとチェックしてから査定を行いましょう。

ただし、査定しても必ず売る必要はないため、一度キャンセルして、自宅からゲームソフトもう一本持ってきて、査定をやり直してもらうことはできます。

宅配サービスでも売れる

近場にカードリッジやディスクのみで売却できるお店がないのなら、宅配買取サービスを活用しましょう。宅配を利用して送るサービスなので、遠方にある説明書とケースがなくても売却できるお店を利用できます。インターネットを使えば、対応する買取店を簡単に探せるので、高く売れそうなお店を見つけだしましょう。

もちろん、店頭買取と同じ査定額になるため、宅配買取だからといって損をすることはないです。ただし、宅配買取サービスを利用するのなら、送料がいくらになるのか、しっかりと把握しなければいけません。一本から無料のところもあれば、ある程度の本数を送らなければ無料にならないところもあります。

カードリッジやディスクのみでは、減額されるので、できる限り送料が安いところを選んだほうが後悔しないでしょう。

オークションやフリマでも売れる

買取店の査定額に満足できなかったのなら、オークションやフリマで売ることも考えましょう。どちらとも、インターネット上で利用できるサービスがあるので、簡単にゲームソフトの個人売買ができます。買い手がいれば、どのような状態でも売却できるのが、オークションやフリマの魅力だと言えます。

そのため、カードリッジやディスクのみでも、需要があれば問題なく売ることができるでしょう。少しでも安い価格で手に入れたいと考える方が集まる場所なので、買い手を見つけるのは難しくはありません。

なお、個人売買はトラブルになりやすいので、説明書やケースがないことを、明確に記載しておきましょう。

説明文に『カードリッジのみ』や『ディスクのみ』や『説明書やケースはなし』などの文字を、分かりやすく記載しておくと安心です。ただ、説明文をほとんど読まない方もいるので、画像に、それらの文字を書き込んでしまっても良いかもしれません。

もしも、ディスクにキズがあるのなら、例え小さなものであっても、隠さずに伝えるようにしましょう。個人売買のオークションやフリマで、手間や時間を無駄にしたくないのなら、とにかくトラブルを避けるための行動を取ることが大切です。